線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

心が休まらない

夜眠れない。昼間、眠気に襲われる。生活リズムがたった一週間で狂ってしまった。まずい。

家族が気を使っている様子を感じる。明らかに言葉に気をつけている。ただ、当たり前だが次の職場を決めて一日早く働き始めて欲しいようだ。

近所の目もあり日中は家にいないで欲しいとのこと。図書館にでも行くしかない。

傷病手当金が貰えたとしても、ゆっくり自宅静養していることは許されない。すぐに働き始めて新しい環境に耐えられるのか不安だ。

うつ病なんて言葉が出てきたのは、ここ10年程前からで、かつては辛くとも家庭のために我慢して働くのが当たり前の感覚だった…という父親の言葉が重い。
父親も転職後、今の会社で耐え続けてたことは何となく知っている。
 
久しぶりに祖母の家に顔を出した。うつ病が原因で退職することはショックが大きそうで、とても今は話が出来ない。慣れない土地での一人暮らしを気遣ってくれていて大変心が痛む。
 
少しマシになったとはいえ、心が休まらない。