線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

日に2度敗れるバカがいるか

求人を待っていても埒が明かない。朝一、地元の成長著しいITベンチャー企業にHPから問い合わせてみる。即、履歴書を送って欲しいとの電話が。さすがにレスポンスが早い。早速、履歴書を発送。

夕方、図書館から家に帰ると面接を受けた一社目、履歴書を送った二社目それぞれから郵送物が届いてた。開封すると、両社とも不採用通知。一社目は昨日、会社ブログを見た時点で何となく結果は分かっていた。中途社員を含めた入社式の様子がアップされていた。二社目は面接にすら至らなかった。うーん…。

 

「日に2度敗れるバカがいるか」って範馬勇次郎が言ってたけ。今日の俺の事かな。もし馬岱が自虐的だったら「ここにいるぞ」って応えるのかな。ところで、横山三国志終盤の馬岱の口元の線って、髭なのかほうれい線なのか小学生の頃から疑問だったけど、最近59巻を読み返したら髭であることがやっと判明した。趙雲については未だに分からない。

 

ココナラの無料お試し枠で「仕事がいつ見つかるのか」の占いをお願いしていたら、回答が来ていた。「仕事が見つかるのは半年以上先ですね。」

へぇ…。