線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

楽しい?

朝一、IT企業の面接。部屋に通されるまでの間、「絶対に上場するぞ!」「楽しい!」みたいな内容の紙が目立つ場所に貼ってあった。良し悪しはおいといて、随所に学生ノリの延長的な雰囲気を感じる。とにかく上場ありきなのはよく伝わる。

 

面接官は明らかに自分より若い女性一人。何だかぎこちない。管理者としての経験や上場準備の実務経験があるかをやたら聞いてくる。残念。経験あるなら職務経歴書に真っ先に書くよ…。その後は、やたら「楽しい」に関する質問が続く。いまさら学生時代の事を問われる非常に困った。バイト漬けだったことと、ネット、ゲーム以外何もない。

 

自分からも質問してみたら色々話してくれた。残業が相当なレベルに達していることが伝わってくる。管理部門が未成熟であることも感じた。上場したら地獄を見るんじゃないか…。面接官は「楽しい」とは裏腹に疲れ切った表情だし、お肌の荒れ方してストレスが大分溜まっているように見える。キュレルの黄緑色のシリーズを適当にしか使っていない俺の方が、間違いなく手入れが行き届いている。「Aさん(面接官)はここで働いていて楽しい?」と聞き返したかったが、やめといた。うーん…縁はなさそう。

 

正直、自分がどうしたいのかさっぱり分からなくなってきた。経理の仕事を探しながら、経理に全く魅力を感じていない。薄給激務の税理士事務所にまた出戻りするの?

帰り際、図書館に籠って色々考えた。現状のキャリアでは人並み以上に収入は得られない。羨ましがったって、まともに生きている同世代に即追いつくことなど到底不可能。起業?税理士事務所勤務時代に、会社設立や個人事業の立ち上げの実務に何度も携わったので事務処理ノウハウはあるものの、自分が起業するには商売をするネタもスキルも強力なコネもない。

出来れば今こうやって求職活動で毎日悩んでいる事、うつから再起を果たす事とか活かすことできないかな。誰もが経験できることじゃないし。

 

キュレル皮脂トラブルケア トライアルキット

キュレル皮脂トラブルケア トライアルキット