線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

社会復帰

今週、念願だった社会復帰を果たした。

今度の勤務先は、最初に勤めた職場の近くで出社時間も同じ。いつも見かけた通行人や特定の車と「再会」し、通勤中の見慣れた風景がそのまま蘇った。2年前の当たり前の日常に戻ったかのような感覚。不思議にも感じるけど、とにかく嬉しい。

試用期間のため周囲より早めに出勤している。毎朝渋滞に巻き込まれながら「時間、大丈夫かな…?」と少しドキドキしながら運転している感覚が懐かしい。

 

穏やかな雰囲気の会社。前の職場が修羅の国にすら思える。自分の気質にはよく合っていると思う。うつと長い転職活動でメチャクチャに苦しんだ末に当りくじを引き当てた、と言っていいかもしれない。とにかく大変ありがたい。社会復帰にあたって色んな心配や抵抗感があったけど、ほぼ全て杞憂に終わりそう。出社前に朝食を全て吐いてしまったり、勤務時間中に頭が真っ白になって思考力や集中力が大きく低下し、極端な睡魔に襲われることもない。

入社して即、前任者の引継が始まった。全くブランクは感じさせず、すぐに対応し始めている。大企業と中小企業の仕事のあり方・進め方の違いを改めて感じる。やはり思った通り、自分には後者がしっくりくることを認識した。

 

うつを克服するために啓発本やヒーリングミュージックでメンタルの改善を試みたけど、環境の変化こそが一番の良薬だった、ってことかな。