線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

課長

上司が突然辞めることになった。あまりの高ストレスに耐えかねてしまった様子。殆ど引継期間もなく、俺に課長職を押し付けて逃げるように退職準備を進めている。

役職に就くことは30代での目標の一つだった。別に社畜になりたいわけでない。役職経験がないことを理由に、直前の転活で何度も門前払いを食らったことが悔しかったし、年齢相応の収入や身分を得ることに憧れがあった。

しかし不安感ばかりが込み上げくる。自分の課はあまりに手広い。総務、経理、人事、社保、法務、設備管理、システムなどなど何でもかんでも詰め込んでいる。全てを網羅するには時期尚早過ぎる。

そして上司は会議漬けであり、その資料収集・作成や議事録で時間の大半を奪われていた。そのうえ、容赦ないほどに社長からの指示が毎日複数件飛んできていた。パンクするのも当然。

経営陣と俺との間に入って緩衝材になってくれるベテランや上長は不在。既に会議にも参加し始めている。残業が増えるばかりで本来の仕事に手が回らない。ハァ…昇格することが全く嬉しくない。困ったな。