線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

退路

先日「線が細い。」と言われた事をまだ引きずっており、自信喪失気味。繊細過ぎ。弱っ。

2社目の紹介状をもらい履歴書を発送。Uターン支援機関の担当者は当初からここを強く推していた。堅いし人生設計も立てやすい会社とは思うけど、うーん…俺はピンとこなかったので保留していた。参考に父親にも意見を聞いてみたが、あまり賛成はしていない。

4月になると求人の数はグッと減るらしい。先日まであった根拠のない余裕が徐々に失われていくのを感じる。本格的に求職活動を始めてからまだ一週間だけど、実家に戻ってからは2ヶ月近く経っている。

 

ここ数日の間、最初に勤めた職場の元上司から戻ってこないか?と誘いの連絡があった。相変わらず人の出入りが激しい。一ヶ月前に探りを入れていたが、当時聞いた状況とまるで逆。よく知り尽くしているが、あらゆる管理が全くなされていない。色々と残念。

仕事はやり慣れてるけど、先がない事がハッキリしている。そうでなければわざわざ転職なんてしなかった。そして出戻りしてしまうと次がない。

今回は丁重に断りを入れた。退路は常に確保しておきたいけど、これは退路じゃないと言い切れる。