線が細い人の日記

うつ病を患い無職に→社会復帰しました。

職業訓練

先日の圧迫面接が未だに尾を引いている。「管理職も未経験、原価計算管理会計も経験のない俺のスキルでは、企業のニーズに絶対合わないじゃないか!?」と否定的になってしまっている。あげく「殆どの求人が年齢制限34歳以下とギリギリだし、この際思い切ってキャリアチェンジしてしまおうか。」とか出来もしないような妄想に駆り立てられたりもする。…33歳の初心者を受け入れてくれるような企業など、妄想の世界にしか存在していないよ?

 

こんな気持ちが定まらない状態でも、ちょこちょこハローワークへは行く。4月に比べると求人件数は増えてきた。事務系で検索すると経理、総務、営業事務、生産管理…色んな職種はある。ただし、どれも未経験者を対象とはしていない。経理・総務を兼ねている求人に応募したい。出来るだけ幅広く仕事に携わりたいし、社外の色んな人と接する機会を持ちたい。

しかし、今まで出てきた求人で男向けだと、製造業で経理オンリーという内容が多い。前職と似たような環境下に入ってしまうと、うつ病が再発する恐れがあることを医師からも指摘されており、正直怖い。先日面接を受けた企業も製造業だった。社屋に入った瞬間から同じような感覚を憶えた。

 

求人検索を行ったついでに、職業訓練について窓口で聞く。

ITビジネス訓練やOA事務訓練といったコースで最終的に目指す資格は、かつて学生時代に全て取得してしまっていた資格であることが分かる。職員に「あなたでは受講する意味がないですよ。」と言われてしまう。

以前パンフレットを貰ったWebクリエイター養成訓練についても聞いてみる。事務的なスキルを広げる意味でも、個人的な知識としても学んでおくのは悪くないかなと思ったから。しかし職員は、「スキルの幅を広げたいという意向は分かりますが、この訓練に行くなら、求職活動を続けて一日も早く就職した方がいいです。」という現実的な回答が返ってくる。実際、今の年齢でこの訓練に行っても就職には絶対に繋がらない、と言いたいんだろう。

ちなみに内容は、3ヶ月でWebクリエイタ―能力認定試験上級を目指すというもの。IT畑に疎い自分から見ても、これは就職に繋がらないように思う。こういう分野って知識は勿論必要だけど、資格云々の世界ではないんじゃないんかな。

最後に求職者支援給付金の受給資格がないことを告げられる。「住民票上では世帯分離をして生計も別だから、受給要件は全て満たしていますよ?」と粘ってみたけど、「Uターンしてご両親と実家暮しをしているんでしょ?生計を一にしているとみなすため、要件は満たしていません!」と突然強い口調で突っぱねられる。

給付金受給目的に見えたのかな。職員がムキになってきたのでそれ以上喋る事は止めた。争うのは嫌いなんだ。

 

…とりあえず、1ヶ月後には失業保険の支給も終わり収入は完全にストップしてしまう。もちろん、それまでには就職するつもりで求職活動しているけど、最悪のケースを想定してお金に関してはやっておかないとけないことがある。